バーのチャージ料金について

バーのチャージ料金について

バーではチャージ料金が発生しますが、チャージって何?
チャージ料金っていくらぐらい支払うの?

 

そんなふうに疑問に思っている人も多いでしょう。
なので、バーのチャージについて紹介します。

 

まずチャージとは、何に対する料金なのかというと席料です。
バーへ行くと席を案内されますが、座席に案内された時点で、チャージ料金は発生しています。

 

バーによっては、席につくと、ナッツ系のおつまみなどがサービスで出てきます。
しかしあくまでも、それはサービスであり、必ずチャージ料金に含まれている訳ではありません。

 

基本的にチャージ料金は、何時間バーにいても、金額は変わらないケースが大半です。
ですが時間制のチャージの場合は、時間事にチャージ料金が発生します。
そのため、長居をしてしまうと、チャージ料金が凄く高くなる事があるので、事前にチャージ料金の確認をする事をお勧めします。

 

次は、チャージ料金の種類と料金相場について紹介します。
一般的には、テーブルチャージが基本で、料金相場は500円前後です。

 

ですがカバーチャージの場合は、レコードがかかっているような、雰囲気のあるシックなバーです。
このカバーとは、レコードのカバーの事で、選曲されたレコードが何の曲か分かるように、カバーを飾っているためカバーチャージと呼ばれます。

 

料金相場も少し高くなり、1000円前後発生します。

 

バンドチャージ、エントランスチャージは、バーでバンドの生演奏やマジックショーなどのイベントが行われる事があります。
これらのイベントでパフォーマーを呼んだり、機材等の準備にお金がかかったりするため、イベント料として、チャージが発生します。

 

注意が必要なのは、バンドチャージやエントランスチャージは、高額になる可能性があります。
料金相場はピンキリですが、1500〜5000円程度となっています。
軽くバーで一杯と思っている時に、5000円もチャージを取られたら高すぎですよね。

 

ですがさすがにイベント料金なので、入場時にチャージ料金について説明があるはずです。

 

ただ人によっては、何で席に座るだけでチャージ料金を払わないといけないのか理解できないという人もいるかもしれません。
現にバーで、チャージ料金を支払いたくないと文句を言っている人を見かける事があります。
ですがバーでお酒を飲むのであれば、チャージ料金を支払う事は当然で、
支払いたくないならバーを利用するべきではないと言えるでしょう。酔っぱらって気が大きくなっている事もあるかもしれませんが、
支払い時にチャージ料金の支払いで文句を言っている人を、周囲は格好悪いと思って見ています。

 

 

関連ページ

スポーツバーの特徴について
スポーツバーの特徴について
スロットバーの特徴とは
スロットバーの特徴とは
人気のバーの特長は
人気のバーの特長は
ホテルバーについて
ホテルバーについて
バーの種類について
バーの種類について
専門性の高いバー
専門性の高いバー
バーで人気のカクテル
バーで人気のカクテル
バーの料理について
バーの料理について
バーで注文する最初の一杯
バーで注文する最初の一杯