バーへ行くときの人数は?

バーへ行くときの人数は?

バーに行ったことのある人ならご存知のように、基本的にはバーの座席はカウンター席だけです。
しかも多くのバーは、10名程度の客が座れば満席になるといった座席数しかありません。

 

わが国のバーは、1人でゆったりと好きな飲み物を味わったりバーテンダーとのしずかな会話を楽しんだりしたい人から利用されてきました。
また「ホテルバー」などは、宿泊者がナイトキャップとしての一杯を口にする場として利用されてきました(現在は、必ずしもそうではありません)。
オーセンティックバーやホテルバーなどにはこうした役割を果たしてきたという経緯がありますから、
「大勢でにぎやかに過ごす場」「おしゃべりを楽しむ場」と考えるべきではないでしょう。

 

こうしたことから、とくにオーセンティックバーやホテルバーといった格式や落ち着いた雰囲気を大切にするバーに行く場合は、
1人で行くか2人で行くことをすすめします。
カウンターに3人以上で座ることができてもグループでカウンターを独占してしまうような状態になりますし、
会話する声が他の客の邪魔になりかねません。
そうしたバーがある半面、近年は大勢でにぎやかに過ごす場、
おしゃべりを楽しむ場としてのバーが各種営業しています。
趣味を楽しむバーや競技を楽しむバー、料理を楽しむバーなどは、
できるだけ大勢で押し掛ける方が歓迎されます。
 

 

 

これらのバーはカウンター席よりもテーブル席中心の作りになっており、
そのことで客同士の仲間意識が盛り上がるのです。
このように、バーに行くときの人数に特段のルールなどあるわけではありません。
しかし大人としてのマナーや他の客への気配りとして、
バーの種類によって行くときの人数については注意を払いたいものです。

関連ページ

バーへ行く時間は?
バーへ行く時間は?
バーへ行くときの服装は?
バーへ行くときの服装は?
バーに行く時の基本マナー
バーに行く時の基本マナー
バーでしてはいけないNG行為
バーでしてはいけないNG行為
バーでしてはいけないNG行為
バーでしてはいけないNG行為
バーのトレンドは「多様化」
バーのトレンドは「多様化」
フードメニューとチェイサーについて
フードメニューとチェイサーについて