バーのトレンドは「多様化」

バーのトレンドは「多様化」

バーの歴史は古く、19世紀に発祥したと言われています。
バーといえば、横長のカウンター席があり、バーテンダーがお酒を振る舞う事が一般的なスタイルです。
しかし最近のバーのトレンドは、「多様化」し、本当に様々な種類のバーが増えてきています。

 

では、多様化するバーの種類について紹介していきます。
「オーセンティックバー」とは、従来の格式を重んじるバーの事です。
一流ホテルに店を構える本格的なバーであり、バーテンダーも熟練者が務めています。

 

シックで大人な雰囲気で、静かにお酒を楽しみたい人にお勧めです。
料金的には、他のバーと比べると、割高の料金設定になっています。

 

「ショットバー」は、ボトルキープがなく、1杯ずつ注文するタイプのバーの事です。
ショットバーの中でも、1杯ごとに料金を支払うバーの事を「キャッシュオンデリバリー」と呼びます。

 

「スタンディングバー」は、立って飲むスタイルのバーです。
座って飲むタイプのバーと比べると、カジュアルな雰囲気で、客同士の距離が近いのが特徴です。
また長居をするのではなく、1杯だけ軽く立ち寄る利用方法が一般的です。

 

スタンディングバーは、他のバーと比べると料金がリーズナブルだと言えます。

 

「ダイニングバー」は、フードメニューが充実していて、食事も楽しめるバーの事です。
従来のバーでは、バーはお酒を楽しむところという定義のため、フードメニューは簡単なモノしか用意されていませんでした。

 

そのため食事をしてからバーに訪れる必要がありました。
ですがダイニングバーなら、食事もお酒も一度に楽しみたいという人にお勧めです。
カジュアルな雰囲気なので、バー初心者の人が、導入として利用するのに適しています。

 

「ミュージックバー」は、音楽を楽しむ事が出来るバーです。
生演奏だったり、デジタルな時代だからこそ、アナログのレコードを聴いたりする事が出来るバーは人気があります。

 

「アミューズメント系のバー」とは、お酒以外にも楽しむ要素があるバーの事です。
ダーツバーが有名ですが、他にもプールバー、ゲームバー、ゴルフバー、マジックバー、
鉄道模型バーなど、マニアックな趣味を楽しめるバーも存在しています。

 

「お酒の専門店のバー」バーとはお酒を楽しむ場所なので、様々なお酒を用意しています。
ビールやウイスキー、カクテルなどは、一般的なバーでも飲む事が可能です。
しかし専門店のバーは、特定のお酒に特化したバーです。

 

例えば、日本酒バーなら、全国各地の日本酒100種類以上を取り扱うなど、日本酒好きには堪らないラインナップとなっています。
他にも、焼酎バー、梅酒バー、ワインバー、クラフトビアバーなど、お酒の種類別にバーが存在しています。

 

 

 

関連ページ

バーへ行く時間は?
バーへ行く時間は?
バーへ行くときの服装は?
バーへ行くときの服装は?
バーに行く時の基本マナー
バーに行く時の基本マナー
バーへ行くときの人数は?
バーへ行くときの人数は?
バーでしてはいけないNG行為
バーでしてはいけないNG行為
バーでしてはいけないNG行為
バーでしてはいけないNG行為
フードメニューとチェイサーについて
フードメニューとチェイサーについて